2007年06月25日

国立新美術館

ヒコの東京散歩です。

今日、僕達家族は先日の僕の三十歳の誕生日を祝うべく、以前から行きたかった六本木にある国立新美術館に足を伸ばしました電車
koku01.jpg
僕達の目的はというと・・そう!新国立美術館内三階にある、かの有名な三ツ星レストランシェフ☆ポールボキューズ氏のお店「ブラッスリー
ポール・ボキューズ ミュゼ
」にランチ(2500円)にやってきたのですぴかぴか(新しい)
koku02.jpg
フランス料理って記念日じゃないとなかなか行けませんよねハートたち(複数ハート)
しかし今や話題はミッドタウンに移りつつあるといえども、未だに休日ともなれば物凄い人・人・人・・。美術館はモネを見るのに一時間待ち、ポールボキューズはというとな、なんと二時間待ちに!!開店時間からわずか十分ほどしか過ぎてなかったのに二時間待ちexclamation&question トホホと思ったのですが今回は僕の誕生日のお祝いという事と、以前から行きたかったお店だったという事もあり、根気良く並んでみることに。しかし意外と足早に二時間が過ぎ、待望のランチタイム揺れるハート
koku03.jpgkoku04.jpg
前菜は僕は「鴨のテリーヌ」とTUMAは「冷たいトマトのスープ“ガスパチョ”」。これが本場のフランス料理かexclamation と思うとそれだけで美味しさ2割増しで、テリーヌはお酒の合いそうな味でしたるんるん
koku05.jpgkoku06.jpg
メインは「やわらかい牛ほほ肉の赤ワイン煮込み ブルゴーニュ風」ほほ肉はタンシチュウに似ていてとても柔らかく、やさしい味でチーズが効いてるソースが美味しかったです。
koku07.jpg
妻はデザートの「“ムッシュ ポール・ボキューズ”のクレーム・ブリュレ」
koku09.jpg
を食べながら独り言で「こりゃ〜三杯はいけるわるんるん」といって隣の席の男の人に振り向かれていましたたらーっ(汗)(おいおい)
HIMEは「昔ながらのゴーフル“グランメール”」を頬張って幸せそうでしたわーい(嬉しい顔)
koku08.jpg
少し量が足りなさそうだねと妻と話していましたが、デザートを食べコーヒーを飲むといつの間にか二人ともお腹一杯になっていました。とても思い出になった30歳の誕生日でした黒ハート
koku10.jpg
そして満足した僕達はそのままミッドタウンへ。やはりここでは買えるものはなく、疲れたので足早に帰る事に電車
koku11.jpgkoku12.jpg

食べるためにこんなに並んだのは初めてでしたが、並んでも損した気分にさせないレストランはやはりあるんだなと身をもって実感した一日でした。短気なのに根気良く付き合ってくれたTUMAとHIMEにも感謝わーい(嬉しい顔)
それと、今日は僕の相棒Dトラとお別れの日になりました。今までありがとうね。
posted by HIKO at 01:00| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。